全部乗せ

おすすめや役立つものを一人口コミレビュー

*

彼氏の本性を知りたければダイアログ・イン・ザ・ダークのデートをすすめます

   

暗闇の体験

非日常は、人間の本性を出してくれます。

例えばつきあったばかりの彼や彼女、仕事のパートナーなど、
調子のいいときはとってもいい関係。なのは当たり前ですよね。

大事なのは、非常事態や調子の悪いとき「いざというとき」にどういう行動に出るか。
そういう時にとる行動や考え・・・それこそその人の本性が出てるんじゃないかなと。

とはいえなかなか「非常事態」や下がり調子のときってこなくて・・・
その時はもう遅かったり。

その人の人間性を知っておきたいなーっていう人ができたら
早い段階で「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に一緒に行くのが一番!と千恵里は思います。

ダイアログ・イン・ザ・ダークって何?

ざーっくり言うと
目を開けても閉じても変わらない、真っ暗闇の中をグループで進んでいき
探検しながらいろいろなワークをする。というものです。
その場に居合わせた寄り集めの参加者でグループになって
協力しあっていろいろなワークをします。
ワークの内容は期間により変わります。
だから何回でも楽しめるんです。

視覚を断つと感じる世界

視覚を完全にシャットアウトされるわけです。
最初にキャッチして、情報のほとんどを占める「視覚からの情報」が無くなると
ものすごーく不安な気持ちになります。
だって隣の人の姿かたちも見えないんだもの。
どこを歩いているのか、まっすぐ歩いているのかすらわからないんです。

頼もしい存在

1グループに1人アテンドがついてワークのサポートをしてくれます。
そのサポートの頼りになることったら。
暗闇の中の探検やグループワークをするときに
いろいろと声をかけたりして。
その声が近くですると、そばに人がいるんだなぁと安心します。
たった数分前に初めて会った人、なのに。
人の存在って不思議。

暗闇で視覚以外で見る

視覚以外の感覚で探検、グループワークを通じて「感じる」ので
普段あまり意識していない聴覚、嗅覚が研ぎ澄まされ、ものすごく意識できます。
人の出す声の声色、いろいろな香り、コインの重さ、人との距離感・・・
五感のアンテナがどんどん伸びていく感じ。
こんなにいろいろな変化があるんだなぁ・・・
普段あまりにも感じていない事にも気が付けます。

普通ってなんだろう

グループのサポートをしてくれるアテンドは、視覚障害者なのです。
「暗闇のエキスパート」ですよね。
戸惑う私たちを後ろから声をかけてくれたり、はぐれちゃった人のサポートをしたり
「こっちですよー」と道しるべになってくれたり・・・
どうしてそんなにすいすい動けるのか不思議に思います。
ですが、
彼らにとっては暗闇の世界は「普通」なのです。
じゃぁ、私たちにとっての普通ってなんだろう?
そもそも普通の概念ってなんだろう?

そんなふかーいところまで考えさせられます。

暗闇での行動でわかる本性

で、そんな暗闇の中、協力し合って一つのワークをするので
いろいろな役割分担が自然にできます。
そのときにリーダーシップをとって声をかけながら進めてくれる人、
不安な人の様子を察知して声をかけてくれる人、
ちょっとしたことなのですが、すごーく人柄が出ます。

千恵里がダイアログインザダークを薦める理由はここにあります!
気になる彼がいたら、ぜひ一緒に来てみてください。
彼は頼りになるのか、不安にさせる存在なのか・・・

自分とも向き合える

同時に、自分もどんな行動をとるか客観的に見れると面白いです。
千恵里は真っ暗でどうしたらいいかわからない時に、やたらと動き回る性質があるんだなーということを発見ww
オタオタするんですねー私。
意外と冷静に物事を判断するのかと思ってましたが、ワタワタしてやんのww
そんな自分の意外な一面を見ることもできるかも。

他人の存在のありがたさ

人の存在が身に沁みる

彼氏と行くといいと千恵里が薦めるもう一つの理由があります。
探検&ワークが終わりに近づくころ、真っ暗闇にずっといた目を明るい世界へ慣らすために
ちょっとだけ明かりがある部屋で休憩します。
その時に、今まで見えなかった人影が見えるんです。
それがまぁ頼もしいこと!
そんな時に彼氏の影が見えたら、より愛おしく感じちゃうと思います!

男性諸君、落としたい、モノにしたいと思ってる彼女と行くのもいいかもー
ただ自分の本性を見せてがっかりされないように注意は必要かもww

ダイアログ・イン・ザ・ダークの場所

常設は東京の外苑前と大阪のグランフロント大阪にあります。
ダイアログ・イン・ザ・ダーク アクセス

たとえ、彼氏彼女がいなくてもww
世界広がるし考え方も変わるくらいの体験はできます。
心豊かにするには本当におすすめです。

ここで細かく感想を書いてしまうと先入観持ってしまうかなーと思い
感想はざっくりにしてみました。
ぜひ体感してほしいです。
千恵里はことあるごとに友人知人にオススメしています。

体験をギフトにできる!
ダイアログ・イン・ザ・ダーク 体験ギフトボックス



 - イベント, 人生 , , ,