全部乗せ

おすすめや役立つものを一人口コミレビュー

*

グルテンフリーで1か月6キロ痩せた話

      2016/01/14

健康診断で「ふつう」「やや太り気味」と移行してきた体重。

健康診断の基準ってゆるめなので、「やや太り気味」と診断された時点で結構なふくよかさ。
年齢を重ねるごとに増えていく体重・・・

年々増えていく体重

年々増えていく体重

健康に影響が出てきた

太ってくると、いろいろと身体に支障がでてきまして。

  • 歩いていると膝が痛くなる
  • 食後に異常に眠くなる
  • なんとなくだるい
  • 外出がおっくうになる

これらは負のループでどんどん悪化していきます。
見た目の負い目から精神的にも影響が出てきて

  • 新しい洋服を選べない
  • メイクなどはりきってできない
  • 新しい出会いを恐れる

みたいな、マイナス思考のループにも陥ったりして・・

日々のだるさから解放されたい

なんとなーくだるい、食後は寝落ちするくらいの眠気が襲い・・・

症状は日々ひどくなり、
なにか病気なのでは?と思うくらいの日々でした。

そのころ知人に紹介された本。

男子テニス世界ランク1位のジョコビッチ選手の食事の本。
徹底的に「グルテン」を排除する食生活にしたら、みるみる身体の切れが良くなりスタミナも持続するようになって
現在の地位を勝ち取ったそう。

グルテンとは

そもそもグルテンって何ぞや?

遺伝子組み換えが繰り返された

遺伝子組み換えが繰り返された

小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。
wikipedia

パンやパスタのあの「もちもち食感」のためにグルテンは不可欠なのですね。
しかし、「ふわふわ・もちもち」をより求めていった結果、遺伝子情報を大幅に変えた小麦が市場のほとんどを占めているという少し怖い情報も。
昔とは違う性質になった小麦を受け入れる身体の耐性が間に合ってない、というお話もあります。

そういえば・・・

千恵里はパスタ大好き、ピザもパンも好きです。
食後に異様に眠くなる・・・
自宅で仕事をしているときに寝落ちしてショックだったその日は、カレーを食べていました。
カレールーにも小麦って使われてますね。。。

グルテンフリーの弊害

ためしに「小麦」を食事から抜く生活を始めてみました。
1日3食とも小麦を抜いた食事にしたら、翌日の目覚めが良く調子がいい!
もしかして千恵里もグルテン不耐性だったのかも!
ということで、グルテンフリー生活を始めてみることにしました。ところがなかなか順調にいかなかったのです。

「小麦」を使った食品だらけ

うどん、パスタ、パン、てんぷら、コロッケ・・・なんと醤油にまで!
もうほとんど食べられるものないんじゃないかっていうくらい、小麦が使われています。

全然外食できないっ!

カレーはもちろん、ナンもだめ、ファストフードNG、パスタピザも除外、うどんもだめ
となると、外食ランチできるところがありません。
刺身やお寿司などちょっとお高くついちゃうお店ばかり入っていました。
それでも、しょうゆにも小麦が入ってるものがあるから気になってしまったり・・・

グルテンフリー食品は高い

グルテンフリーの食品もなかなか売っていないし、ネットショップで探してみるとまぁお高い。
ジョコビッチだからグルテンフリー生活できるんじゃないのー??

結局なにで痩せたのか

わりと楽に痩せました

わりと楽に痩せました

それでも2週間は徹底的に小麦を抜きました。
ごはんに納豆、焼き魚が主食。プリンやヨーグルトがデザート。おやつ一切なし。外食はほとんど回転寿司屋へ。(この際醤油は気にしない)
ぐんぐん痩せていき、6キロ痩せました。それでも体調は良くなり、寝落ちすることもだるさも無くなりました。
確かにグルテン不耐性だったのは自覚できましたが、それよりも
食べられるものが無くて小食になった
のも大きかったのかもしれません。
不思議とお腹は減らず、胃が小さくなったのか食事の量も減りました。
なぜ耐えられたのか
空腹のつらさ <<< 食後の体調の悪さ
空腹よりも、またグルテンを摂取してだるく重く体調が悪くなる方が嫌だったので空腹も越えられたのかも。
とはいえ正しくは、今まで尋常ではない量を食べていたので、常人に戻っただけのことかなとw

その後の生活

さすがにグルテンフリーを続けるのは難しいので、グルテン「やや」フリーというゆるめの生活にしています。
ジョコビッチも「自分のようにストイックにやる」ことをお薦めしていません。
無理に人に自分の手法を押し付けていない表現なので、するする読めたのかも。

たまにはラーメンも食べます。
ピザも食べます。
うどんよりはそばを注文します。
パンよりはご飯を食べます。
そんな感じでゆるゆるグルテンフリー生活を続けています。
その結果、6キロ落ちた体重を5か月経ってもキープできています。
年々体重が増えていくのは、年齢のせいだけではないかもしれません。
日々の食事を見直して、もしかしてグルテン不耐性?と心当たりのある場合は
グルテンフリー生活はやってみる価値はあります。



 - 健康, 生活, 美容, 食事 , ,